やって損なしクラミジア検査

やって損なしクラミジア検査

クラミジアは感染者数も多く、放っておいても治らず、不妊症の原因や感染拡大につながります。そんなクラミジアの検査は医療機関や自宅でも簡単に行えますので確認しましょう!

クラミジアの感染力と検査

クラミジアは近年増加傾向にある性感染症の一つです。クラミジアトラコマチスという細菌が性交渉により感染し、症状が出ます。
感染する場所は男性ならば尿道、女性は膣内ですが、目や喉に感染することもあります。性交渉とは関係がないようですが、目や喉に感染するのはディープキスやオーラルセックスをした時です。
クラミジアは自覚症状がないのが特徴です。感染した場合体内で増殖していきますが、熱が出たり、吐き気がしたりといった症状は出てきません。男性の場合は排尿がしにくい、透明な膿が出ることがあり、おかしいと気が付きますが、女性の場合はおりものがいつもと違う、不正出血があるといった症状のため、生理不順と勘違いしてしまうことが多いです。女性はそのまま放置してしまうと、どんどん感染範囲が広がっていき、不妊症や子宮内膜症といった原因になってしまいます。男性も副睾丸炎や無精子症となり、妊娠しにくくなるので注意が必要です。なお、妊娠中に感染した場合は流産や早産、子宮外妊娠、母子感染をする可能性があります。
クラミジアは感染力が強く、感染した人と性行為を行うと50パーセント以上の確率で感染します。不特定多数の異性と性交渉を行った場合その危険性は増します。知らないうちに他の人に感染させていることが多く、不妊気味になって初めてわかることもあります。また、クラミジアは自然治癒はしません。不安に感じる点がある場合はクラミジア検査を行うようにします。
クラミジア検査は病院だけでなく、検査キットを使って郵送にて検査を行うことができます。検査結果は1週間ほどで郵送かオンラインにてわかるようになっており、感染の有無を知ることができます。

クラミジアと検査と不妊症

現在の日本ではクラミジアの感染者数は非常に多くなっています。うつる可能性も50%以上と高確率なうえに、症状も出にくく自覚していない人も少なくはありません。男性と比べて女性の感染数の方が比較的多くなっていますが、女性はクラミジアの症状がとくに出にくいというのも特徴です。自覚していないということは、治療を受けることなく放置しているという状態なので、性病はどんどん悪化してしまいます。
なかには自然治療してしまうケースもあります。精液が一度入ると出にくいなど、女性の体というのはクラミジアに感染しやすいようになっています。女性の場合クラミジアが放置され悪化してしまうと、不妊症になってしまう可能性もあります。不妊患者の約20%はクラミジアに感染していると言われるほど、クラミジアと不妊症には深い関わりがあるということです。
クラミジアは女性の性器から体の内側へと侵入していき、少しずつ症状を進行させていきます。卵管まで達してしまうと卵管炎を起こしてしまいます。そうなってしまうと卵管の閉塞や癒着を発症してしまいます。クラミジアは感染を繰り返すことで不妊症になる可能性も高くなります。一度の感染で不妊症になってしまうことはそれほどありませんが、早期発見は非常に大切だと言えるでしょう。自覚症状の出にくい病気だからこそ、きちんとクラミジア検査を定期的に受けておくことが大切です。
妊娠を望んでいるのであれば、一度は検査して置くと安心感も得られます。万が一クラミジアに感染しつつ妊娠出来たとしても、流産のリスクや胎児への影響もあるので、気をつけておかなければいけません。知らない内に他の人へとうつしてしまうことも多々あるので、そうなってしまわないためにも検査は必要と言えるでしょう。

クラミジアの検査とは

クラミジアは性交渉を一度でも行った場合、感染する危険性がある性感染症です。感染した人と性交渉を行った場合、約半数の人が感染してしまいます。無自覚なことが多く、知らない間にパートナーに感染させてしまっていることもあります。
クラミジアは女性の場合おりものの変化や不正出血によって気が付くことがあります。黄色い膿のようなものが出たり、おりものが増加したり、性交痛があったりもします。生理痛のような痛みもあるので、生理不順とも間違われやすいです。
男性は尿道に症状が現れます。かゆみや不快感、微熱、膀胱の違和感、睾丸の腫れや痛みといったことの他、尿道から膿が出てきます。量はさほど多くないため、気が付かないこともあります。
この他喉や目に感染することもあります。クラミジアはほっておくと不妊症になってしまう可能性があります。女性の場合は卵管炎や子宮内膜症、男性の場合は副睾丸炎を引き起こします。また妊娠している女性が感染してしまうと、尿道から感染してしまい産まれた赤ちゃんが、肺炎や結膜炎になってしまうこともあります。こういったことを防ぐためにクラミジア検査は必要になってきます。
クラミジア検査は検査キットを使用する方法と、病院を受診する方法とがあります。どちらも女性は子宮頸管から分泌液を取り、男性は尿検査を行います。尿や分泌液の中にクラミジアの原因となるクラミジアトラコマティスがあるかどうかで、判断されます。なお、咽喉クラミジアの場合は喉の周辺の粘膜や唾液を採取して調べます。病院では感染が確認されるとすぐに治療を開始することができますが、待ち時間が長かったり他の人に知られたりする危険性もあります。結果がわかるのに1週間程度かかりますが、自宅でクラミジア検査を行った方が時間が拘束されず、他の人に知られることもありません。