やって損なしクラミジア検査

クラミジアは感染者数も多く、放っておいても治らず、不妊症の原因や感染拡大につながります。そんなクラミジアの検査は医療機関や自宅でも簡単に行えますので確認しましょう!

かゆい症状は札幌でクラミジア検査を受診

クラミジア検査を受けるとクラミジア感染症のみならず、他の性病の感染の有無を確認することができます。
札幌の医療機関などで診断されることが多いのは、子宮内膜炎と卵管炎です。
子宮内膜炎とは、色々なウイルスが引き金となり生じる炎症と言われており、生じると悪臭を発する膿に酷似した分泌物が発せられます。
重症の場合、発熱したり下腹部に痛みが起こることもあります。
同様にウイルスに感染することで生じる卵管炎においても、突如発熱したり下腹部に痛みが生じ、粘度の高い分泌物が生じます。
次に、クラミジア検査により淋病という診断を受けることも多いです。
分泌されるものが黄色く膿に似ているという特徴があります。
臭いがあまり強くない場合は、他の病気の可能性も考えられるのですが、強い臭いを発している時は淋病であると判断して良いです。
すぐに分泌物が変化すると思われがちですが、異常が見受けられるようになるのは、感染してからおよそ3日から9日経過してからです。
性病は、常在菌が関与しているケースが多いのですが、淋病においては淋菌と呼ばれるウイルスが起因となります。
初期段階は、かゆいという感覚が強いのですが、症状が進行してしまうと、下腹部に鋭い痛みが起こり発熱します。
不妊の恐れもあるので、女性は特に注意しなければなりませんし、目に淋菌が付着すると失明することもあるので気をつけなければなりません。
また、クラミジア検査で膣炎が判明することもあります。
膣炎が生じると、黄緑色で泡立っている分泌物が確認されます。
デリケートな部位の外側がかゆい状態になりますし、耐えることが難しいほどの痛みに襲われることもあると言われているので、しっかりと検査を受けましょう。