やって損なしクラミジア検査

クラミジアは感染者数も多く、放っておいても治らず、不妊症の原因や感染拡大につながります。そんなクラミジアの検査は医療機関や自宅でも簡単に行えますので確認しましょう!

耳鼻咽喉科でクラミジア検査し赤ちゃんにうつさない

 クラミジアは日本の中では一番多いとされている性感染症です。原因としては、クラミジアトラコマティスと呼ばれる病原菌が人体の中に侵入することで映ってしまいます。ただ、一番多いといわれる性感染症ですがあまり問題になることはありません。それは、クラミジアにもしもかかったとしても多くの人が自覚症状がない状態で過ごすことになるためです。気づかないうちに人に移すこともあります。
 クラミジアには2種類に分かれており、喉に感染して症状を引き起こす咽喉クラミジアと性器の部分に症状を引き起こす性器クラミジアとに分かれています。咽喉クラミジアの場合は耳鼻咽喉科に行き、性器クラミジアの場合は外科か婦人科などに行って診察を受けることになります。自覚症状がないことも多く、クラミジア検査を行った結果菌を保有していることが分かるという場合もあります。
 赤ちゃんへのクラミジア感染率は元々の保有者の母体から出産して移してしまう確率が高めですので注意しておく必要があります。赤ちゃんに感染した場合にはクラミジアによる結膜炎や肺炎を引き起こす可能性が指摘されています。できれば、妊娠中の場合はクラミジアの感染有無を検査しておいたほうが望ましいでしょう。
 仮にクラミジアの抗体を持っていたとしても、感染症状さえなければ出産しても母子感染が起こらない場合もあります。また、抗体を持っていることが分かれば薬などを使って治すこともできます。必要以上に不安にならず、しっかりとクラミジア検査を受けて抗体を持っている場合には感染症を抑えるようにしていけば大丈夫です。
 処方される薬については、医師から飲む必要はないという診断を受けるまでは適切な量を飲むようにします。